コロナ・インシデント 2/3

2020.3.19

いざ帰国便を取り、荷造りをしていると、留学生活が終わる悔しさとは別の感情が湧いてきた。日本の生活が始まる楽しさだ。少しは景色が変わっているだろうか。欧州での一人暮らしは自由と刺激に溢れており、実に愉快だ。でも不便に感じることは多い。ルクセンブルクは物価が高いから節約のためにも自炊が基本となる。レストランでゴルゴンゾーラのパスタと赤ワインを注文するだけで、松屋のネギたっぷり旨辛ネギたま牛めし4杯分のお金がかかる。そんな生活を続けていたら、たちまち口座の数字が小さくなっていく。ケバブは少し例外だ。周辺国に比べれば数ユーロ余計に払わなければいけないが、レストランよりは安い。ネギたま牛めし2杯分と言ったところか。ケバブ屋さんには大変お世話になった。ケバブ以外の食事はすべて自炊で賄った。おかげで、1人で暮らすためには不自由しないくらいの食事を作れるようになった。しかし、手間と時間はどうしても無視できない。コンビニエンス・ストアが等間隔に配置されている日本の首都圏は楽園と呼んでも差し支えない。

“コロナ・インシデント 2/3” の続きを読む

コロナ・インシデント 1/3

2020.1.14

「新型コロナウイルス」の文字列がLINE NEWSの記事一覧に現れた時、私は赤いシーツを敷かれた三段ベッドの最下段で、これまた赤いハードカバーで綴じられた本を読んでいた。軽い動機で移り住んだバーテンダースクール寮、通称 ”The Loft” での生活は忙しく、充実していた。カクテル漬けのワンパターンな1日のサイクルの中には、日本の時勢を窺うためのLINEニュース通読が含まれた。新型ウイルスの一件も視界に入ったはずだが、レシピテストに追われる身としては、中国の市場で起きた病気の話は他の雑多な話題と一緒に、脳内を渦巻くアルコールの名称に流されて行方がわからなくなってしまった。


“コロナ・インシデント 1/3” の続きを読む

Checkout Divider

 小学4年生の冬休み、中学受験をするために塾に入会した。いま頑張って将来楽になるなら、やっておいた方がいいかもしれない。クラスではごく少数派だったが、律儀に塾へ通った。となり駅にある塾に向かうために、最寄りのホームから電車に足を踏み入れた私は、公園で遊んでいた自分に別れを告げた。

“Checkout Divider” の続きを読む

アメよりムチ

「不要不急の外出は控えてください。」

「今夜から明日未明にかけて、台風通過による悪天候が予想されます。関東甲信越地方にお住まいの方はお気をつけ下さい。」

注意喚起を受けて、台風上陸前日のイトーヨーカ堂はやや混雑する。食糧や日用品の買い物を済ませようと、商品棚が並ぶ通路をショッピングカートがそれぞれの望む商品を求めて行き交う。買い物が終わったら、さっさと帰宅してベランダにあるものが飛んでいかないように家の中に避難させる。小学生くらいの頃は、これらの作業を手伝いながら妙にワクワクしてしまう。自然災害は深刻な被害を起こすことは承知だが、非日常的な自然現象との遭遇とも言える。家族で夕飯を囲む傍ら、ニュース番組が流れるテレビ画面の前に植木鉢が並ぶ。家中の生き物が一つ屋根の下に集合して、来たる大自然の脅威に対して身を寄せ合っているようだった。

“アメよりムチ” の続きを読む

さよなら

 私はリビングでくつろいでいた。ペルシャ絨毯にうつ伏せで寝ころび、手にはパンフレットを持ち、両肘で上体を起こして支えながらその紙を眺めていた。傾き始めた午後の陽射しが、レースカーテンを通過して部屋をやさしい光で満たした。時の流れが遅い。約2年間に及ぶ中学受験戦争に終止符を打った今、彼は穏やかな解放感に浸っていた。

“さよなら” の続きを読む

パリ、曇り後雷

欧州に半年暮らし、日本との違いを感じることは多い。いや、多いどころではない。全てが違うと言っても過言ではない。共通点を挙げるとすれば、どちらの人間にもだいたい目が二つ付いていること、くらいのものだ。そんなの当たり前だ、というあなたの声が聞こえてきそうだが、では他に共通点はあるだろうか。信号が赤なら車道を渡らない。また当たり前のことを、とお考えだろうか。ところが、信号の色が変わるまで立ち止まっているのはあなた一人だけという状況が訪れる街もある。そのような街の一つがフランスの首都パリだ。

“パリ、曇り後雷” の続きを読む

はじめてのチークキス

ルクセンブルク大学へ来た留学生が住む寮はキッチンを共有する形がほとんどだ。そこで国際交流が生まれる。週末の夜ともなれば、そこかしこでパーティーが開かれるらしい。

私の滞在する宿は学生寮ではないのでパーティーはない。ただ、交流はあるので、その様子をお届けしたい。

“はじめてのチークキス” の続きを読む